BMW E30 Life  サンマル日記

BMW E30のレストア&メンテナンス日記です。

BMW E30【スタイルアップFile 1】スモークサイドターンレンズ。

アッパーマウントの

ボルト折った事ある人って

そんなには居てないんじゃないでしょうか。

 

 

これは、車高調買いなさい!という

神の思召しなのかと一瞬迷いましたが

ふと、我に返って純正のアッパーマウント

注文しました。

 

f:id:yoshiakisan10:20190523182840j:plain

純正品番 3133 1139 452

 

よしあきです!

おこんばんわ!

 

 

 

さて!

 

 

 

セカイモンで注文した

スモークウインカーと同じ日に注文した

Turn Signal Side Indicator 

From UKが

本日、やっと到着いたしました。

 

 

 

今日が23日なので

おおよそ1ヶ月かかっていますね。

 

明細は と言いますと・・・

 

購入金額 2,646円X2個

セカイモン手数料 1600円

内配送料 0円

内消費税 0円

国際送料 3,391円 

関税・消費税 0円

関税 0円

消費税 0円

合計金額  10283円

 

 

ちょっと高い上に

↓ ↓ ↓

 

f:id:yoshiakisan10:20190523182415j:plain

・・・

 

めっちゃ汚い。

 

 

 

 

 

売りモンにするねんから

もーちょい綺麗に掃除せーよ。ヽ(^o^)

 

とかなんとか思いながら

早速装着してみましょう。

 

 

ベースのゴム部分は汚すぎて

使えないので、純正のベースを

そのまんま使うことにしました。

 

 

本体もパーツクリーナーで綺麗にして

ラバープロテクタントで艶を出します。

 

ちなみに、バルブの形状はT10です。

f:id:yoshiakisan10:20190523182451j:plain

 

取り付けネジも錆びてたので

↓ ↓ ↓

 

f:id:yoshiakisan10:20190523182513j:plain

フラットブラックに塗装しまして

↓ ↓ ↓

 

f:id:yoshiakisan10:20190523182543j:plain

 

やっと完成です。

↓ ↓ ↓

 

f:id:yoshiakisan10:20190523182607j:plain

 

こーやってみると綺麗になりましたね!

 

 

 

 

 

BMW E30 【 レストアFile2】ストラットタワーバー

 

よしあきです!

おこんばんわ!!!

 

 

 

予定してた通りに、

外観のスタイルアップより

まずは エンジンルームを綺麗に

することに重点を置きます。

 

 

さて、そのエンジンルーム。

 

 

購入時には

装着されてるの全く知らなかった

ストラットタワーバー。

 

f:id:yoshiakisan10:20190518195255j:plain

 

本来、ボディの剛性を上げて

サスペンションの動きを良くして

ハンドリングをシャープにするなんていう

走りの為のパーツなんですが、

 

僕の場合は、完全に

エンジンルームのスタイルアップ部品です。

 

なので、エンジンルーム同様、しっかりと

レストアしておきましょう!

 

数年装着しっぱなしな感じなので

アルミがくすんで白ボケしています。

↓ ↓ ↓

f:id:yoshiakisan10:20190521185206j:plain

 

 

まず、600番のサンドペーパーで

白錆を落とします。

その後、1000番のペーパーで

全体の傷を薄く消したら

コンパウンドで仕上げます。

 

こんな金属には、こちらがオススメ!

↓ ↓ ↓

 

 


 


 

 

金属磨き ピカールケアー

 

研磨剤入りの金属磨きで

くすんだ金属がピカピカになります!

 

f:id:yoshiakisan10:20190521185652j:plain

ピッカピカです

 

後は、元通りアッパーマウントの

ボルトに取り付けて完成です!

 

 

f:id:yoshiakisan10:20190521185730p:plain

 

f:id:yoshiakisan10:20190521185751p:plain

 

見違えるほどピカピカになりました!

 

 

めでたしめでたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、言いたいところなんですが・・・

 

 

 

 

 

締め込み過ぎて

 

f:id:yoshiakisan10:20190521185539j:plain

エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

 

アッパーのボルト、折れました。

 

 

 

 

BMW E30 【レストアFile 1】オートマパネル交換。

【レストアFile 1】オートマパネル交換

おはようございます!

 

よしあきです!

 

 

 

さて、まず手始めに

用意しておいた、オートマパネルの

交換をします。

 

f:id:yoshiakisan10:20190520045109j:plain

 

やっぱり抜け抜けのハゲハゲです。

 

 

このパネルは、はめ込み式なので

毛のところに指を入れて

上に引っ張ってやれば外れます。

 

 

ここを新品にはめ替えてやれば

いいんですけど、一応 球切れしやすい

シフトランプも確認しておきましょう。

 

f:id:yoshiakisan10:20190520045427j:plain

 

パネルを外すと この場所にビスが二箇所。

これを外すとシフトパネル本体が

外れるんですけど、

ビス外してみたら

 

f:id:yoshiakisan10:20190520045457j:plain

・・・

割れてました。

 

 

 

二箇所しかない固定場所なので

どうにかしてビスで固定出来る方法を

考えないといけないと思い、

アルミ板で こんなパーツ作りました。

 ↓ ↓ ↓

 

f:id:yoshiakisan10:20190520045536j:plain

 

コレをこんな風に固定して

 

f:id:yoshiakisan10:20190520045614j:plain

 

ビスで挟み込んだらOK!

 

f:id:yoshiakisan10:20190520045701j:plain

ちゃんと固定出来るようになりました。

 

シフトパネルのランプも元気に点灯していましたので

今回は交換せずに置いておきます。

 

f:id:yoshiakisan10:20190520050214j:plain

交換の際は このランプを裏側から抜いて球を入れ替えます。

 

あとはフサフサの新品パネルを

はめ込んで完了です。

 

 

f:id:yoshiakisan10:20190520045820j:plain

 

やっぱり、ここがフサフサだと

気持ち良いですねー!

BMW E30 本日 納車です。

おこんばんわ!!

 

よしあきです!

 

本日 令和元年 5月18日

ようやく納車です。

 

f:id:yoshiakisan10:20190518194753j:plain

 

 

令和の元号が5月から始まったって事は

ひょっとして BMW E30では、

令和登録第1号じゃないでしょうか?

 

 

f:id:yoshiakisan10:20190518193915j:plain

 

ちゃんとご対面するのは初めてなんで

車の状態など細かな部分を

チェックしていこうと思います。

 

 

まず外装。

 

 

f:id:yoshiakisan10:20190518194829j:plain

見たところレンズ類も全然曇ってないし

非常に良い状態です。

 

塗装はピカピカで、クリアの劣化もなく

このまま磨きにも出せそうな感じです。

 

f:id:yoshiakisan10:20190518194852j:plain

確か販売元さんに聞いたところによると

ボンネット、ルーフ、トランクは

リペイントしてあるとの事。

そりゃそうですよね〜

30年前のペイントが

こんなにつやつやな訳ないか。

 

 

 

 

 

次に内装。

 

 

インパネの割れや シートの破れもなく

古い車特有の嫌なニオイも全くありません

奇跡的に美しい状態を保っています。

 

とりあえずスイッチ類もカチッとした

感覚で作動しています。

 

ただ、計器類がね・・笑

 

f:id:yoshiakisan10:20190518194946j:plain

燃料計、死んでます。

 

f:id:yoshiakisan10:20190518195033j:plain

瞬間燃費計、死んでます。

もちろん 事前にわかってたエアコンも

元気に送風のみです!!!!

 

 

 

ま、ま、ま、

この辺りは気長にメンテナンスしましょ!

 

 

次!エンジンルーム

 

以前テーマに挙げたようにエンジンルームは

ピカピカにしておきたいところ

ボロボロになったインシュレーターは

交換するとして、その他の部品を見ても

きっちりとメンテナンスされた後が伺えます。

 

f:id:yoshiakisan10:20190518195321j:plain

プラグコードや デスビキャップも交換してあります。

 

f:id:yoshiakisan10:20190518195255j:plain

っていうか、タワーバーも入ってるし。

 

 

 

 

納車車検にあたって

 

エンジンオイル

ミッションオイル

パワステオイル

ブレーキフルード

全て交換しました。

 

あくまでメンテナンス&レストアの記録ブログなので

こういった情報は細かく記載していこうと思います。

 

その他といえば、運転席側の左ドアの

キーロックが効かなかったり・・・

 

たまにfmアンテナが引っかかったりと

 

ま~~~

 

お手入れ箇所 盛り沢山です!!

 

 

ってことで

 

これから あれこれ レストア&メンテ

 

楽しんでいこうと思います!!

(^o^)ノ

 

 

 

 

 

 

セカイモンで落札した商品の到着日数は?

おはようございます!

よしあきです。

 

セカイモンにて 4月27日に落札購入した 

Smoke Euro Front Bumper Turn Signal 

From US が昨日 5月14日に到着しました。

 

f:id:yoshiakisan10:20190515055421j:plain

Depo製です。

発注から約2週間強ということで

セカイモンの商品平均お届け日数の21日間より

早めだったので スムーズな到着と言えるでしょう。

 

落札金額 5256円

国際送料 2449円

関税消費税 100円

合計  7805円

 

新品でアメリカから取り寄せたパーツとすれば

妥当、いや むしろ安いのではないでしょうか?

 

 

 

でもね・・

 

From UK の

Turn Signal Side Indicator は・・・

 

 

f:id:yoshiakisan10:20190515060010j:plain

・・・

 

物流センターにさえも 

到着していません。(゚Д゚;)

 

この商品も おおよそ1万円以内だと思われるので

気長に待つしかなさそうですが

これが アルミホイールなんかの高額商品だったら

ちょっと焦りますよね・・・

 

日本のヤフオクのように 直接 出品者様と

あれこれやり取りできないのがもどかしいんですけど

(いや、実際 英語しゃべられへんやん

今回 海外にしかない商品ということで

初めて利用してみた セカイモン

 

落札金額と納期なんかをよく考えてから

リスクの少ない商品を選ぶように注意しましょう。 

 

 

BMW E30 オートマシフトパネル

こんちわ!

よしあきです。

 

 

 

いよいよ 相棒 E30

納車が来週末の予定になりました。

 

その前に ちょっと気になる部分の

レストアパーツを取り寄せておきました。

 

 

左ハンドル用のオートマシフトパネルです。

 

f:id:yoshiakisan10:20190508183011j:plain

一見 卓上の ほうきです。



 

こちら、特徴的なE30のシフト周りです。

↓ ↓ ↓

f:id:yoshiakisan10:20190508183047j:plain

 

 

ステッキの柄のようなデザインの

オートマシフトノブ。

 

その稼動部分は

ブラシで覆われています。 

 

 

このブラシ、年数経過で抜けてきて

歯抜けの状態になってきます。

 

 

シフトを動かす時、常に視野に入る

場所なので、ここは綺麗にレストア

しておきたいところ。

 

調べてみると、このカバーは 

まだ新品で部品供給されていましたので、

今回は 在庫をお持ちだった こちらで部品を調達しました。

 

オートスクエア エノモトさん

www.ase-site.com

 

埼玉県の、BMW専門店さんですね。

 

 

右ハンドルと左ハンドルではパーツ自体の

形状が違うので 注文時には注意が必要です。

 

f:id:yoshiakisan10:20190508183213j:plain

左ハンドル用 品番

 

右ハンドル、左ハンドル共に

¥6480でした。

 

ついでに、よく切れると噂の

オートマシフトのポジションランプの

球もこの際一緒に交換予定です。

 

やっぱりここは フサフサのピカピカじゃないと

テンション上がりませんよね!

 

 

 

 

BMW E30  ボンネットの開き方の魅力

アリゲーターボンネット。

 

 

運転席の前、バルクヘッド部分を起点にして、

前から後ろに開くボンネットを

ワニの口に例えてアリゲータタイプ、

またはチルトボンネットと呼んでいます。

反対に、後ろから前に開くタイプは、

逆アリゲータタイプです。

 

f:id:yoshiakisan10:20190505075917j:plain

 

E30は この逆アリゲータータイプですね。

 

逆アリゲータタイプのメリットは、

ボンネットのロック機構(ボンネットキャッチ)が、

運転席側にあることです。

前側はヒンジでボディと連結されているため、

ボンネットキャッチが外れても

走行中にボンネットが開くことがありません

 

f:id:yoshiakisan10:20190505075945j:plain

 

ただし、ボンネットヒンジが

フロントグリルの裏側にあるため、

エンジンルームの作業は左右どちらかの

フェンダー側から行うことになり、

整備性はアリゲータタイプより劣ります。

 

 

それでも逆アリゲータタイプを採用する車両は、

ボンネットの構造やフロントまわりのデザインにまで

気を配り、スタイリングやたたずまいに

こだわりを持ったクルマなのです。

 

 

いまどきのクルマで逆アリゲータータイプて

あんまり聞かないですよね。

 

f:id:yoshiakisan10:20190505080016j:plain

 

 

こうやって決して整備性の良くない

アリゲーターボンネットを開きながら

エンジンルームをメンテナンスするのも

E30の楽しみの一つですね。